プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第13回>「第6弾を徹底開封! 理想のチームを作り上げてみよう!」


 

いよいよ正式発売となった第6弾「WRESTLE KINGDOM 8」。

皆さん、無事に購入→開封→編成は終えられたでしょうか?

 

仮に出が偏ったとしても出てくるカードは強力そのもの。皆チームの総合力が上昇していますから、気は抜けません。

そこで今回は、第6弾を贅沢に盛り込んだ第6弾対応の強力編成を突き詰めてみましょう!

 

今回のチームが組めちゃう皆さんはリーグ戦でも勝ち組間違いなしです!

 

 

・グレード1からRRRを惜しみなく投入!

今回加わった戦力の中で、グレード1の中核を為すのがこの「桜庭和志」選手です。

 

 

タッグマッチでも使いやすい「サクラバロック」も追加されたため、グレード1の中でも歴代屈指の性能を誇っています。

スタンダードでのパートナーはもちろん、この戦力を最大限に生かせる選手を選びたいところ。

なので、スタイル〔打撃〕か〔関節〕を持つ強力なレスラー……というわけで、今回はこの2人を選択していきます。

 

   

 

「森嶋猛」選手はその真価を発揮するために重ねが必要になってきますが、その分爆発力は保証済み。

「外道」選手も《CHAOS》縛りを持たない分、混成チームでも十分な力を発揮してくれます。

  

続くグレード2は

 

   

 

もうあんまり説明はいりませんね。

彼らに「キラーボム」をブーストすれば、今まで苦しめられた対戦相手のほとんどをねじ伏せることができるでしょう。

あまりの組みやすさに同じ組み合わせでの対戦が多く見られるようになるかも知れません。

可能な限り重ねて地力を上げておきましょう。

 

 

・グレード3はスイッチ前提で!

今弾戦力で一番層が厚いのはグレード3。そのうちのこちらは……

 

 

強力無比なスキル+最高クラスのパラメーターと文句のつけようがない1枚ですが、

海外遠征が必須となるのでリーグ開始直後はこちらに気張ってもらいましょう。

 

 

このカードの強さを発揮するにはスキルの発動が必須。出来る事なら威力の高いブーストカードを重ねて発動させたいところです。

なので、「PK」が3枚あるともう恐いモノはありません。

 

※RRRのため、数を揃えにくいという部分はあるものの、威力的には必殺の名に恥じないものとなった「PK」。

収録枚数が絞られた今弾なら、比較的揃えやすい!?

  

グレード4は、わざわざグレード1で「外道」選手を入れておいたのですから、まず確実に「オカダ・カズチカ」選手を組み込みましょう。

 

 

このカードのスキル条件は《CHAOS》をタッグパートナーに迎え入れるだけで達成可能。

メインも任せられる「オカダ」選手をセミに持ってくるあたり「WRESTLE KINGDOM 8」らしい配置と言えます。

  

問題はタッグパートナーを誰にするか、という点。

 

「中邑真輔」選手+「ランドスライド」が一番素直な回答なのですが、

せっかくオリジナルチームを組み上げるのですから、少しぐらいリスキーでも面白い組み合わせにしたいところです。

というわけで、今回は

 

 

暴走する「飯塚」選手に登板してもらいましょう。

ネックであるブーストの弱さは今弾で加わった「ツームストンパイルドライバー」で補います。

 

※先に発動するよう、左側にセットしておけば、直後の「レインメーカー」の発動率の底上げが可能。上手くお膳立てしましょう!

 

「矢野通」選手がいないため、反則負けのリスクは常につきまといますが、

それを補って余りあるパワーがありますから、小さな問題には目をつぶっていきましょう(遠い目)。

  

最後のグレード5には、チーム上の制限がほとんどないので誰を持ってきてもそれなりに戦えます。

 

グレード1の「桜庭」選手の事を考えると、スタイル〔打撃〕か〔関節〕は1枚でも多く欲しいところ。

ここは容赦なく、こちらを用意しましょう。

 

   

 

若干大人げない&えげつないと感じますが、今回は手加減なしの最強チーム探究なので、これでよしとします!

 

 

 

【今回のチーム編成】

レスラーカード                   ブーストカード

〔第1試合〕

BT06-002  I am a wRESTLER 桜庭和志       BT06-030 サクラバロック

BT04-012 第18代GHCヘビー級王者 森嶋猛    BT04-076 バックドロップ

BT05-017 コンプリートファイター 外道      BT01-089 外道クラッチ

 

〔第2試合〕

BT06-011  Killer Elite Squad デイビーボーイ・スミスJr. BT06-034 キラーボム

BT06-012  Killer Elite Squad ランス・アーチャー  BT06-036 キラーボム

 

〔第3試合〕

BT06-003 ザ・レスラー 柴田勝頼        BT06-031 PK

 

〔セミファイナル〕

BT05-013 怨念坊主 飯塚高史         BT06-029 ツームストンパイルドライバー

BT06-001 黄金時代 オカダ・カズチカ      BT05-061 レインメーカー

 

〔メインイベント〕

BT04-005 絶対王者 小橋建太        BT04-064 バーニングハンマー

 

  

今回は第6弾のおいしいところを目一杯盛り込んでお届けしましたが、皆さんのチームに合う強化の方向は十人十色にして千差万別。

自身に合ったマネージメントを実践してみてください!

 

次回は真逆のコンセプト、

「第6弾から始めようと思うんですけどどうすればいいですか?」という方にスポットを当てたチーム編成をお送りします!

 

 

<今週のつぶやき>

いや~、結構買ったんですよ、今回。

買ったと思うんです。でも、まぁ、出ないものは出ないんですよね。

日頃の行いが悪いのでしょうか……。

 

 

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.