プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第16回>「続・テーマデッキを組んでみよう! そろそろ《鈴木軍》が侵略を完了しちゃう?」


 

前弾では収録選手がグッと増えた「BULLET CLUB」をフューチャーしたチームを編成してみました。

続く第6弾でもそんなテーマデッキを組んでみたい! というわけで、収録選手一覧を眺めてみます……。

 

う~ん、「本間」選手の収録で《G・B・H》の駒は揃いましたが、テーマとしては本隊の方がメインになってしまいそうですし……

前回のコラムで引き当てた《CHAOS》も皆さん組んでおられるので改めて紹介というのも……ということを考えますと、

今回は「BULLET CLUB」との抗争で注目される「鈴木軍」にスポットを当ててみましょう!

 

 

  

・まずは既存戦力を確認!

 

さて、テーマが決まったのでメインを任せられるのはもちろんこのカードが第一候補。

 

※↑RRR、グレード5、ボスに相応しい全体強化効果と申し分ない性能なのです!

 

ですが、今回は新たに加わった選手を積極的に使っていこうと思いますので、メインイベンターもこちらを使用していこうかと思います!

 

  

井上雄彦先生の大人気漫画「リアル」に登場するレスラー「スコーピオン白鳥」選手を投入していきます!

 

このカード自体はユニット《鈴木軍》を持っていませんが、

「鈴木みのる」選手から「彼を鈴木軍に入れる!」というコメントを直々に頂いた以上、

彼が《鈴木軍》であることは最早疑う余地がありません!

 

ブーストカードも、第5弾の「剛腕ラリアット」が使用できるので、戦力的にも申し分ありません。

 

※↑スタイル〔打撃〕を持つので、条件はすべて達成可能。使用者は「小島聡」選手と同等のものとして発動します。

 

 

 

メインが決まったところで、続いて候補に上ってくる強力カードは「帝王 髙山善廣」選手が有力。

しかし、こちらは使って当然とも言える定番カード。

 

ですので、今回は敢えて別のカードをチョイス。

グレード3は次点に上ってくる「タイチ」選手を使用しましょう!

 

   

※↑「髙山」選手の安定感は言わずもがな。今回は右の「タイチ」選手にシングルを任せます! 

不安なんて……ある訳……ないじゃないですか! やだなぁ!

 

 

その代わり、と言ってはなんですが、グレード1に回る「髙山」選手と「TAKAみちのく」選手、

ボスである「鈴木みのる」選手は手厚く強力な所を選択していきます。

 

      

※↑「TAKAみちのく」選手は第3弾、「鈴木みのる」選手,「髙山善廣」選手は第4弾に収録。

手に入れていない方はカードリストを片手にチェックしてみてくださいね。

 

 

ボスたる「鈴木みのる」選手が第1試合というのは格的にどうなのか、という疑問は残りますが、

プロフェッショナルたる「鈴木みのる」選手ならば、どのような順番で試合が巡ってこようとも、

常人以上のポテンシャルを発揮してくれることは間違いありません!!

(今回私は何に脅えているのでしょう!?)

 

 

・そして、6弾の強化ポイントを投入!

 

既存の戦力を登録し終えたら、次は新戦力。

 

もう何度も紹介してきましたので、お腹いっぱいな感が否めませんが、

《鈴木軍》強化をテーマにするにはこの2人の力なくしては語れませんので画像つきでご紹介!

 

   

※↑タイトルマッチを控えているタッグチームに死角なし! 

強力過ぎる故に同型対決で「ランス・アーチャー」選手のスキルが発動しにくくなっているとか!?

 

 

さて、ここまでは比較的問題がないところなのですが、悩みどころはここから。

そう、《鈴木軍》所属レスラーが枯渇してしまったので、残りの枠をどう埋めるかというのが今回の編成での悩みどころ。

 

すっぽり空いてしまったグレード4を何とかせねばなりませんが、

いかに強力なカードが揃っていようとも抗争相手を組み入れるのはご法度でしょうから、自ずと選択肢が狭まってきます。

 

というわけで、悩みに悩んだ末に選んだのはこの1枚!

 

 

ボスとの関わりなどを加味して、スポットで救援をお願いしてみました!

 

現実に《鈴木軍》入りすることはないかと思いますが、タッグ戦を任せるには十分なポテンシャルを秘めています。

ベストなパートナーとして「柴田勝頼」選手も投入しましょう!

 

 

スタイル〔ヒール〕を持つので、ボスからの恩恵を受けることができます。

第3弾以来の揃い踏みとなるのも、個人的に感慨深いところです!

 

 

というわけで、残る「シェルトン・X・ベンジャミン」選手の参戦が待たれる中、今弾仕様のチームはこんな感じになりました!

 

 

 

 

【今回のチーム編成】

 

レスラーカード                   ブーストカード

〔第1試合〕

BT04-029 ULTIMATE INVADER 鈴木みのる      BT03-063 ゴッチ式パイルドライバー

BT04-030 栄光は誰れのために 髙山善廣     BT04-073 ニーリフト

BT03-018 第22代世界ジュニアヘビー級王者 TAKAみちのく  BT03-073 みちのくドライバーⅡ

 

〔第2試合〕

BT06-011  Killer Elite Squad デイビーボーイ・スミスJr.  BT06-034 キラーボム

BT06-012  Killer Elite Squad ランス・アーチャー  BT06-036 キラーボム

 

〔第3試合〕

BT04-021鈴木軍の黒金のコスチュームのカッコいい男 タイチ BT04-082 タイチ式外道クラッチ

 

〔セミファイナル〕

BT06-009 KS TIME 桜庭和志      BT06-030 サクラバロック

BT06-010 Takeover 柴田勝頼      BT06-031 PK

 

〔メインイベント〕

PR-029 日本一の悪役 スコーピオン白鳥  BT05-062 剛腕ラリアット

 

 

グレード3に「髙山」選手を使用する場合はブーストカードに「エベレストジャーマン」を使用し、

交代する「タイチ」選手のグレード1には第1弾の「世界一小ズルイ男 タイチ」選手を使用してみてください。

 

そして、「こんな編成、《鈴木軍》じゃないよ!」とお怒りの方は、ご自分の手でボスが納得する編成を試してみてください。

 

 

 

 

<今週のつぶやき>

早くも1月が終了しました!

そして来月にはもう新弾の発売が!

新年から師走並みに忙しいキンプロですが、皆さんも全力でついてきてくださいね!(振り切られないようご注意を!)

 

 

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.