プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第17回>「リーグを勝ち抜くためにその⑤ 特殊コンボを狙ってみよう!」


 

いよいよ第7弾「NOAH:GREAT VOYAGE」の発売が1か月後に迫って参りました!

まだ第6弾の熱が冷めやらぬ中、今回は「プロレスリング・ノア」の徹底強化が行われます!

 

 

「三沢」選手、「丸藤」選手はもちろん、「KENTA」選手に、

NOAHの台風の目となっている「森嶋」選手の新カードが目白押しになっており、

方舟の脅威はキンプロ環境の大波となるでしょう。

 

 

 

え? 何ですか? 今日はバレンタイン・デー?

そんなモノ、クライマックスゲージ+1以下の価値しかありませんよ!(怒)

 

 

というわけで今回は久しぶりの必勝講座。より高度な「特殊コンボ」についての基礎知識です。

 

 

 

・スタイルやタイトルでコンボ発動!

 

キンプロのコンボには様々な種類がありますが、基本的には「同系統の選手を集める」ことによって発動をしていきます。

 

例えばスタイル《ベビーフェイス》で固めれば「正々堂々」、

スタイル《ヒール》で固めると「極悪非道」というコンボが発生する可能性があります(※必ず発生するわけではありません)。

 

それぞれのファイトスタイル(打撃・投げ・空中・関節)に応じたコンボも存在しますし、

外国人レスラーでの「黒船来航」、歴戦のレスラーで発動する「グレーテストレスラーズ」、

覆面選手で揃えれば「マスクマンズ」が発動するかも知れません。

 

      

※↑「黒船来航」、「グレーテストレスラーズ」、「マスクマンズ」はそれぞれチームに該当選手が5人以上いれば発動の可能性が。

顔を隠していてもスタイル《マスク》がないと当てはまらないのでご注意を!

  

これに加えて、皆さんが目にしたことがあるであろうメジャーなコンボは「タイトル」によるもの。

 

「IWGPヘビー級」はもちろん、

「G1CLIMAX」や「BEST OF THE SUPER Jr.」などの優勝者がチームに複数人いる場合に発動し、

人数が多いほど、効果が高いコンボとなります。

 

 

関係してくるシングルのタイトルは主に以下の通り。

 

・IWGPヘビー級王者

・IWGPジュニアヘビー級王者

・IWGPインターコンチネンタル王者

・G1 CLIMAX優勝者

・NEW JAPAN CUP優勝者

・BEST OF THE SUPER Jr.優勝者

・NEVER無差別級王者

・三冠ヘビー級王者

・チャンピオン・カーニバル優勝者

・GHCヘビー級王者

・GHCジュニアヘビー級王者

・KO-D無差別級王者

 

この他に、タッグマッチに同時に投入することで発動するタッグのタイトルコンボも存在します。

新たにタイトルを獲得した選手が現れる度に対象選手を追加していますので、タイトルマッチには注目していってくださいね。

 

 

 

・レスラー達を結ぶ「特殊なコンボ」も存在!

 

さらに、タッグチームやユニットなどを揃えることでもコンボは発動します。

オカダをメインに組んでいる人は《CHAOS》が良く発動しているのではないでしょうか?

 

第6弾で追加された選手には以下のコンボが秘められています!

 

 

〔フォーエバーフーリガンズ〕

   

 

タッグでのタイトル歴があるため、同時にコンボが発動する可能性があります。

双方が第6弾に収録されており、揃えやすいのもポイントと言えます。

 

タッグマッチであることが条件となるため、「タッグ」リーグで真価を発揮してくれるはずです。

 

 

〔TIME SPLITTERS〕

   

 

こちらもベルトを獲った実績を持つJr.タッグチーム。

「KUSHIDA」選手は複数のカードが存在するので、タッグを組ませやすくなっているのも頼もしいところ。

 

こちらはグレード2で揃っているセットがあるので「スタンダード」リーグでも猛威を振るってくれることでしょう!

 

 

〔マッスルオーケストラ〕

   

 

パワーが異常に高い怪力タッグチーム。

「中西」選手には《マッスルオーケストラ》の表記はありませんが、しっかりコンボ対象として機能します。

加えてこちらはチームにお互いが存在していればいいので、使いやすいのが特徴です。

 

パワーが高いレスラーが多くいれば発動する「パワーファイターズ(またはインビンシブルパワー)」も発動させやすくなるので、

たくさんのコンボを狙いたい方は要注目です!

 

 

〔G・B・H〕

   

 

長らく「真壁」選手だけが持っていたユニット《G・B・H》ですが、

こちらは第6弾で「本間」選手が加わったことにより、コンボとしても機能するようになりました。

 

ちなみに今現在の状態を基準に作成されているため、

過去に在籍したメンバーには層々たる面々が存在していますが、発動には絡んできません。

 

チームを編成する際にはご注意いただけますようお願いいたします。

 

 

 

コンボはそれ単体では戦況を動かすわけではありませんが、

コンボの発動までを見越してのチーム編成が出来るようになって来れば、初心者の領域からはすっかり抜け出したと言えるでしょう。

自身のチームに、より最適な組み合わせがないかを、一度模索してみるのも面白いかも知れません。

 

 

 

<今週のつぶやき>

永田選手のNOAHマットでの躍進には驚かされました。

しかし、NOAHの選手たちもこのまま黙っていることもないはず……来月はキンプロ上とマットの上で熱い激突が起こること必至ですね!

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.