プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第25回>「第8弾はこのカードで勝つ! 揃えておきたい強力レスラーを総チェック!」


 

大興奮の春の両国「INVASION ATTACK 2014」、皆さんも楽しまれたでしょうか?

 

因縁の決着と次へと繋がる新展開、リアルタイムで追いかける我々にとってもビッグマッチは常にドキドキなのですが、

今回はそれに加えて第8弾「TAG OF DREAM」が先行発売されました。

 

既に手に入れた方は実感しているかも知れませんが、新機能の追加と同時に投入される新弾では手に入れておきたい強力カードが目白押し!

今回は一般発売に合わせて、私的なオススメを一気にご紹介していきます!

 

 

 

・タッグマッチならこの2人は無視できない!

 

その名が示す通り、タッグを意識した第8弾は「タッグ」リーグにおいて真価を発揮するカードが存在します。

そこでの大活躍が期待されるのがこの2人。

 

   

 

   

 

今や新日黄金カードとして、数々のメインイベントを飾る2人ですが、

かつてはタッグを組んで王座を掴んだこともあり、他のタッグチームに勝るとも劣らない実力を発揮してくれます。

 

それを表すかのように、内包されたスキルもこの上なく強力。

 

チーム全体を「新日本プロレスリング」に統一する必要はありますが、

チーム全体のスピードとガッツを引き上げてくれるので、チームでの勝利に大きく貢献してくれます。

「外道」選手と「オカダ」選手のパワーアップ効果に煮え湯を飲まされたことがある方には、その脅威をご理解いただけるでしょう。

 

さらに「棚橋」選手は試合に勝利することでその効果が2倍になるというデタラメな効果がついています。

他のレスラーならいざ知らず、これまでに強力なブーストカードが多数存在する2人ならば容易に条件を満たすことができるでしょう。

 

また、この「中邑」選手はユニット《新日本本隊》になっているので、

「棚橋」選手の最強ブースト「ハイフライフロー」も扱いやすくなっています。

 

   

※↑《新日本本隊》の人数が必要になる必殺技。達成が容易になれば、チームメンバーの選択肢が広がります。

 

 

逆に《CHAOS》ではない「中邑」選手には、今弾収録の「シャイニングトライアングル」をセットしましょう。

 

   

 

他のカードの効果で本人のガッツが上昇している必要がありますが、

この「中邑」選手に使う限りは、スキルが発動すれば100%条件を満たせるので、安心して使用できます。

 

ちなみに「シャイニングトライアングル」は当時の「中邑」選手の必殺技。

時代考証に拘る方は「棚橋」選手のブーストカードも、今弾収録の「ドラゴンスープレックスホールド」にしていきましょう。

 

   

※↑条件も容易に達成可能。枚数が重なれば「ハイフライフロー」に匹敵する威力を発揮してくれるでしょう!

 

 

 

・スタンダードでも見逃せないレスラーはコレ!

 

タッグ戦ばかりが注目されそうですが、「スタンダード」でも変わらぬ強さを発揮してくれるレスラーも多数収録されている今弾。

 

初登場となる「秋山」選手は、「全日本プロレス」からの唯一の参戦となりますが、

スキル条件は第7弾の「プロレスリング・ノア」のレスラーと組み合わせることで達成することが容易になります。

 

なんでそうなっているのかは各々推測していただくとして、そのブーストカードも目ん玉飛び出るほどの☆の数が記載されています。

 

   

 

問題はどれくらいのスタミナがあれば、最大出力が出せるのか、という問題ですが、

目安としては第7弾のRRR「第10代GHCヘビー級王者 丸藤正道」のスキル条件を満たすくらいあれば、充分に力を発揮してくれます。

相手に「秋山」選手がいる場合は「オカダ」選手であっても、充分に警戒する必要があるでしょう。

 

 

 

最後に紹介するのは、こちらも初参戦となる「馳浩」選手の「ジャイアントスイング」。

 

   

 

非常に特徴的な効果を持っていますが、

枚数を重ねるごとに回転数が上がりやすくなっており、威力だけでなくボルテージが上昇する特殊効果を持っています。

 

これは「馳」選手が「ジャイアントスイング」を行う際、会場全体がその回転数をカウントする、定番ムーブを再現した物。

1枚では低確率止まりですが、限界までカードを重ねることで5回転も夢ではなくなります。

 

技が決まったか、試合中継を再生したくなるこの1枚。グレーテストチームを組む際に組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

他にもまだまだ紹介すべきカードはありますが、今回はスペースの都合でここまで!

次回からは実戦に耐えうる強力チームをご紹介していきます!

 

 

 

<今週のつぶやき>

INVASION ATTACK 2014」の試合で個人的に盛り上がったのは「テンコジ」の一戦。

小島選手が随所でキレキレだったのに加え、フィニッシュが綺麗に繋がったところも非常に盛り上がりました。

普段プロレスを見る機会が少ない、という方も、キンプロをきっかけにプロレス観戦を楽しんでいただけると嬉しく思います。

試合中「あ、あのブーストカードの技を使ったな」とニヤリとできること請け合いです。

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.