プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第27回>「こだわりのタッグでリーグに挑もう! グレーテストタッグで挑んでみせる!?」


 

先週のコラムを書き上げたところで、件の同僚がこんなセリフを漏らしました。

 

同僚「自分も「TAG OF DREAM」を買いましてね、「武藤敬司」選手のSPが出たんですよ」

私「ほう、よかったじゃないですか。スキルも強いですからグレーテストでタッグチーム編成しましょうよ」

同僚「いや~、でもグレーテストって僕の《BULLET CLUB》チームには入らないんで、

      (※当たり前)登録しないで置いてあるんですよね」

私「ほう、もったいないですね。じゃあせっかくだから自分がチームを組みますよ。

    そのためにまずは《BULLET CLUB》を一旦どけましょう

同僚「え、マジで!?」

 

というわけで今回は第8弾の「武藤」選手を軸に、先週とは異なるテーマでタッグチームをご紹介。

果たしてどんなチームになりますでしょうか?

 

 

 

・キーカードの条件を確認しよう!

 

まずは今回同僚が引き当てた、そして私は引き当てていないキーカード「武藤敬司」選手の能力を確認してみましょう。

 

   

 

「武藤」選手のスキルは各試合にスタイル〔グレーテスト〕を持つレスラーがいれば、「+☆☆☆☆☆☆」されるというもの。

 

このスキルを活かさない手はありませんから、

各グレードの最強グレーテストレスラーをチョイス→最も適したタッグパートナーを検索……という形で編成していこうかと思います。

 

ただ、ブーストカードにはこのカードを使おうと考えています。

 

   

 

チームのスタイル〔グレーテスト〕を持つレスラーの人数によって威力が変動するため、

できることならスタイル〔グレーテスト〕を持つレスラーを採用していきたいところ。

 

 

ではそんなワガママな要求を加えた上で探し当てた、「武藤」選手のタッグパートナーとなる最強選手をご紹介しましょう、この選手です!

 

 

先週と同じじゃねぇか! 

 

と、自分でもツッコんでしまいましたが、強いことは否定できないので致し方ありません。

 

スタイル〔グレーテスト〕も持っていますから、合わせ技で採用するしかありません。

結果、連携値35を達成する、という条件がさらに上乗せされました。果たしてこのチームは成立するのでしょうか?

 

 

 

・条件が簡単な所から編成開始!

 

先週ご紹介したレスラーの中で、このチームにもスカウトしておきたいのは「小橋」選手だけではありません。

グレード3は「橋本真也」選手を軸に戦っていきましょう。

 

 

「小橋」選手に続いて「橋本」選手を使うからには連携の高いタッグパートナーを見つけてあげたいところ。

スタイル〔グレーテスト〕の中で合格点を上げられるのを探していくと、第7弾で引き当てておりました!

 

 

連携は3なので、万全とは言えませんが、ブーストカードはその不足分を補って余りあるほど強力。

これ以上の贅沢は罰が当たります。

 

そして「三沢」選手と「小橋」選手を採用となれば、自ずと組み入れるべき選手が首をもたげてきますね。

 

というわけでグレード1は「田上明」選手を中心とします。

 

   

※↑四天王が揃えられるのにこれをしないのはもったいない!

「川田」選手はグレード2に最も強力なカードがありますので、そちらで内定。タッグパートナーを探していきましょう!

  

 

 

・同名レスラーを何処で使う?

 

グレーテストチームを編成する上で皆様を苦しめているであろう部分は「強力なレスラーが同名でたくさんいる」点でしょう。

グレード1で強力なカードには「武藤」選手や「橋本」選手が目白押し……同名選手を何処に配置するかは非常に悩ましい所です。

 

今回は既に決定した後ではありますが、コスト制限などの折り合いをどのようにつけるかはプレイヤーの腕の見せ所。

 

今回は早々に〔グレーテスト〕に見切りをつけて、第1試合を取に行く編成を目指します。

 

 

人間、諦めが肝心なときだってあります。

 

 

先週紹介した「飯伏」選手の強さは魅力的ですが、

「田上」選手との噛み合わせが悪いので、ここは「内藤」選手を選択します。

 

コスト低めで連携高めな「内藤」選手は不足したところを埋めてくれます。登録してない人は今のうちに備えておきましょう!

 

 

「川田」選手を採用するグレード2。まずは「デンジャラスバックドロップ」と一緒に登録しておきましょう。

 

しかし、ここで問題となるのが「連携」の値。そろそろ4か5の選手を選んでおかないと「小橋」選手の条件を満たせません。

というわけで、ここはこの選手とブーストカードを選んでおきます。

 

   

 

タッグマッチを得意とし、スタイル〔グレーテスト〕との相性も抜群。

どちらをフィニッシュに据えてもバックドロップでとどめを刺す点など、意外に親和性が高いタッグとなりました。

 

 

最後に残ったのはグレード4です。実はグレード4のスタイル〔グレーテスト〕は非常に選択肢が少なく、

第2弾から引っ張ってくる必要があります。

 

   

 

一番頼りになるのは「藤波」選手+「ドラゴンスリーパー」。コストが低めなのは助かりますが、連携も低め……。

とは言えスタイル〔グレーテスト〕を入れないわけにはいかないので採用すると、タッグパートナーは非常に厳しい条件が。

 

「グレード4」「コスト1」「連携5」……これを満たす選手がいなかったら、一からチームの編成し直しになるのですが……

 

   

 

いた~!!

  

Cなのでパワー不足は否めませんが、様々なコンセプトを達成することができるのは彼をおいて他になし。

さすがはベルト保持者ですね(←全く関係ありません)。

 

 

 

というわけで、今回の編成です!

 

  

【今回のチーム編成】

 

レスラーカード                   ブーストカード

〔第1試合〕

BT07-003 ダイナミックT 田上明          BT07-034 ダイナミックボム

BT05-021 このリングの主役は、俺! 内藤哲也    BT01-065 スターダストプレス

 

〔第2試合〕

BT04-003 デンジャラスK 川田利明         BT04-062 デンジャラスバックドロップ

BT07-007 第8代GHCタッグ王者 小川良成      BT07-033 バックドロップ

〔第3試合〕

BT08-008 永遠の破壊王 橋本真也         BT08-060 DDT

BT07-005 緑の方舟 三沢光晴          BT07-032 タイガードライバー’91

 

〔セミファイナル〕

BT02—010 第21代IWGPヘビー級王者 藤波辰爾  BT02-076 ドラゴンスリーパー

BT03-038 我等 人生 壱生 感動 石井智宏     BT03-085 雪崩式ブレーンバスター

 

〔メインイベント〕

BT08-009 SP ナチュラルボーンマスター 武藤敬司  BT08-061 足四の字固め

BT08-004 鉄人 小橋建太            BT04-064 バーニングハンマー

 

 

「小橋」選手のブーストカードは条件を鑑み、バーニングハンマーを使用します。

「セミファイナル」以外ならどんな相手でも充分競っていけるでしょう。

 

もちろん今回の編成だけが正解ではないので、皆さんも自分なりの編成をしてみてくださいね。

 

 

  

<今週のつぶやき>

というわけで、私こん身のグレーテストチームを同僚に見てもらいました!

 

感想は、

「《BULLET CLUB》 じゃないけど、好きな選手もいっぱいいるので作ってみようかな!……持ってないカードがあるけど」

とのこと。

 

大丈夫、持ってないカードはパックから引けばいいんですよ!

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.