プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第46回>「新たなレギュレーションに対応完了? 続・レアリティ制限チームを編成してみよう!」


 

前回は大分窮屈なC限定チームを編成してみましたが、選べるカードの少なさになかなか苦労が多い編成となりました。

 

すべてのカードが使える編成とは違った面白さもありますが、もう少しカードをたくさん選べた方が……という方の為に、

今回はやがて来るであろうレギュレーション「RR以下限定」のチーム編成に挑んでみましょう!

 

RRRの陰で鳴りを潜めている、強力カードが掘り出されるかもしれませんよ?

 

 

 

・メインはやっぱりエース!?

 

いつもならばRRRがデンと居座るメインイベンターですが、

RR以下でブーストカードも強力な選手……という条件になってくると、どうしても外せないのがこの選手。

 

   

 

スタイル〔ヒール〕の数だけスキルの発動率が上がる能力を持った逸材はチームの方向性も定めてくれるメインに相応しいカード。

第3弾のカードではありますが、このレギュレーションではまだまだ使っていけます。

 

ブーストカードは枚数が必要になりますが「ダルマ式ジャーマン」を用意しましょう。

最終的な数値は「場外ハイフライフロー」よりも上です。

 

   

※最大まで重ねると「ハイフライフロー」にも負けないRRブーストの華。枚数を集めたいところです。

 

 

スタイル〔ヒール〕を集めることはこれで確定しました。

 

「永田裕志」選手がG1でより多くの勝ち点を獲得していたならば、

第10弾の「永田裕志」選手を中心にスタイル〔グレーテスト〕を……という編成も狙えたのですが、

過去を振り返っても仕方ありませんね。

 

セミファイナルのヒールタッグを選別していきましょう。

 

 

 

・《BULLET CLUB》がRR圏を制す?

 

RR以下、スタイル〔ヒール〕の条件で選別を行うと、上がってくるのは現役タッグチャンピオンチームのこの2人。

 

   

 

   

 

「ドク・ギャローズ」選手は勝ち点が大きく伸びたわけではないので飛び抜けたスキルを持ってはいませんが、

ベストタッグが狙えるのはタッグマッチにおいては大きな魅力。「マジックキラー」の破壊力は改めて語る必要もないでしょう。

 

 

さらに、彼らを採用することでグレード3に「バッドラック・ファレ」選手を自然に組み入れることができます。

 

   

 

普通に組み上げると3人の配分が悩ましい条件となりますが、

今回は最強を選ぶ=条件を自然に達成するという理想的な流れとなっています。

 

 

こうなってくるとできる限り同じユニットで染め上げたくなるのが人情なのでしょうか?

本来グレード2は《K・E・S》の2人と、

 

   

 

 

《ヤングバックス》の2人の2択になるのですが、

 

 

   

 

 

既に《BULLET CLUB》の条件は満たしましたし、このままではあまり面白みがないので、

今回は非凡な爆発力を秘めたこの選手を採用してみましょう。

 

   

 

反則負けのリスクは付きまといますが、制限のかかったリーグでは危険を冒す覚悟も必要……と個人的には考えています。

 

 

タッグパートナーは特定のタッグチームに寄らない「オカダ・カズチカ」選手にお願いしましょう。

ブーストカードは第5弾の「ダイビングエルボードロップ」を採用。

前回コラムのセミファイナル同様、反則さえ見つからなければ、タッグチャンピオンにも互角以上の試合をしてくれるはずです。

 

   

※ブーストカードの重なっている枚数が足りない場合は他のブーストカードで補填しましょう。

 

 

最後のグレード1はスキル効果を優先して〔ヒール〕の混成タッグに。

まずは「棚橋弘至」選手がメインを張っていることから「蝶野正洋」選手を招へいします。

 

   

 

《BULLET CLUB》にはG1優勝経験者がいないので通常は使えないのですが、この辺りは限定編成の綾と言える部分ですね。

ブーストカードは「ダイビングショルダーアタック」を選択して行きます。

 

   

 

 

この効果により、テクニックを上昇させるブーストカードの効果が上昇するため、

できる限り条件に沿うブーストカードが扱える選手を探していくと「TAKAみちのく」選手が浮かび上がってきます。

 

   

 

   

 

いずれも条件を満たすことができ、ブーストもすべてテクニック上昇という相性の良さは他に選択肢がないほど。

是非とも採用しておきましょう!

 

 

最後は敢えて温存しておいた看板選手「中邑真輔」選手にテクニック上昇を含む「リバースパワースラム」をブーストして投入。

 

      

 

「中邑真輔」選手には目立ったスキルがありませんが、

「リバースパワースラム」の破壊力は今回のレギュレーションにおいては屈指のものがあります。

 

RRRが使えれば「フロントネックロック」で全体強化ができたのですができてコラム的なまとまりは完璧なのですが、

世の中そう都合よくはできていませんね!

 

 

 

しかし、全体的には「RRRブーストさえあれば輝くのに……」という選手たちが非常に活き活きとするチームが編成できました!

 

  

 

【今回のチーム編成】

レスラーカード                   ブーストカード

〔第1試合〕

BT10-008 Mr.G1 蝶野正洋              BT10-033 ダイビングショルダーアタック

BT09-009 疾風のテクニシャン TAKAみちのく     BT09-035 ヘビーキラー1号

BT01-022 Subconscious 中邑真輔          BT01-075 リバースパワースラム

 

〔第2試合〕

BT07-009  暴走鉄仮面 マイバッハ谷口        BT07-047 マイバッハボム

BT05-015 NEW JAPAN CUP2013 優勝 オカダ・カズチカ BT05-069 ダイビングエルボードロップ

 

〔第3試合〕

BT10-010 You're Next バッドラック・ファレ     BT10-048 グラネード

 

〔セミファイナル〕

BT10-006 第64代IWGPタッグ王者 カール・アンダーソン BT10-031 マジックキラー

BT10-015 第64代IWGPタッグ王者 ドク・ギャローズ   BT10-034 マジックキラー

 

〔メインイベント〕

BT03-021 メキシコ Ver. 棚橋弘至          BT05-072 ダルマ式ジャーマン

 

 

                    

〔ヒール〕編成となった今回は取り入れませんでしたが「柴田勝頼」選手と「後藤洋央紀」選手のRRタッグもなかなか強力。

〔ベビーフェイス〕や【Jr.ヘビー】などの拘りを追求してみるのも、アリでしょう。

 

皆さんもコンセプトを変えて、自分なりのRRチーム編成にチャレンジしてみてください!

 

 

 

<今週のつぶやき>

「YOSHI-HASHI」選手、超頑張って!

ベルトを獲れば「KUSHIDA」選手みたいにレアリティを駆け上がることもできるはず!

私は本気で期待していますよ!

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.