プロレストレーディングカードゲームの決定版!
一覧へ戻る

<キンプロ開発者コラム 第48回>「第3のブーストカードは一味違う!? コスト「3」の衝撃がベルト戦線を揺るがす!」


 

さて、前回は新要素をご紹介しながらも若干地味&「YOSHI-HASHI」選手への贔屓が過ぎましたので、

今回は誰もが度肝を抜く目玉情報をお届けしましょう!

 

今回は[新日本プロレスリング]の看板レスラー達の必殺技に大注目!

 

まずは少し歴史を振り返るところから始めましょう!

 

 

 

・第1弾、第5弾ではこんな感じでした!

 

パッケージにも採用される、現在の[新日本プロレスリング]の中心選手と言えば、

「オカダ・カズチカ」選手、「棚橋弘至」選手、「中邑真輔」選手。

 

第1弾からRRRを飾るこの3選手は、レスラーカードはもちろんのこと、その必殺技も超強力。

今でも第一線で戦えるだけの性能を秘めた技となっています。

 

 

今年の1.4でメインを戦った「棚橋弘至」選手の「ハイフライフロー」は

メインに相応しいシングルマッチ用の条件を兼ね備えた技となっていました。

 

   

 

対する「中邑真輔」選手の「ボマイェ」も同様の条件。ライバル対決に相応しい形となっていました。

 

   

※当時は《CHAOS》で固めた「中邑真輔」選手がメインとなるチームが多く見られました。

 

 

一方、グレード3に最高レアリティが置かれていたのが「オカダ・カズチカ」選手。

当時はIWGPヘビー級王座を獲得したものの、4か月後に「棚橋弘至」選手にベルトを獲り返される形になっていました。

 

そのため、「レインメーカー」もRRにての収録となっていました。

 

   

※使いやすさはあるものの、爆発力では若干劣る感は否めません。

 

 

これらの技は1年後の第5弾では以下のように変化しました。

 

   

 

   

 

ライバル同士のブーストは再び対極の条件を持ってカード化。

それぞれのユニットを結集したチームで真価を発揮する形に進化を遂げました(ダジャレではありません)。

 

コストが軽く、試合形式を問わずに投入できるようになったため、汎用性が大幅に向上。

様々なグレードでカード化されている2選手にはもってこいの条件となっていました。

 

 

そして、最も大胆な強化を施されたのが「レインメーカー」。

 

   

 

どのような試合形式にも対応可能な上、RRR収録となり威力も向上。

さらに第6弾では専用強化ブースト「ツームストンパイルドライバー」の追加を受け、

「オカダ・カズチカ」選手は《CHAOS》チームの中心となって環境を席巻するに至りました。

 

 

しかし、現在は「AJスタイルズ」選手を中心とする《BULLET CLUB》チームが大暴れ。

3選手がトップに立つためには「STRONG STYLE EDITION Ⅱ」での強化が必須と言えるでしょう!

 

 

ではここで、最強クラスにチューンアップされた「ハイフライフロー」と「ボマイェ」をご覧いただきましょう!

 

   

 

【Jr.ヘビー】チームでも見られたスピードに関する項目を条件とするスキルは、

星の数を合計するとこれまでのものとは段違いな威力を発揮します。

 

星の数だけで比較すれば、その数は初期の倍近く。

 

ここまで差があると、こっちを使っていなかったばっかりに押し負ける……という事態すら考えられます。

チーム編成の際は、スピードパラメーターの合計値に注意しながら運用していきましょう!

 

 

   

 

対する「ボマイェ」は「お前がパラメーターやスキルに拘るなら、こっちはコストだ!」と言わんばかりに、

チーム全体と使用者のコストを参照する条件。

 

使用できるレスラーカードがいくらか制限を受ける形にはなりますが

「ボマイェ」自身のコストがチーム全体の条件を達成しやすくしてくれているので

「ボマイェ」の条件をチーム編成の軸とすることで、様々な編成を狙っていくことができます。

 

星の数は驚愕の12個! 数だけでは一概に比較できないとはいえ、このインパクトは半端ではありません。

 

 

 

そして「レインメーカー」は……

 

 

裏面は発売直前の「今日のカード」更新までお預け、という謎の力が発動してしまいました。

 

 

しかしながら、これまでの2枚をご覧いただければ分かる通り、コイツも文句なしの強力ブーストカードに仕上がっています。

コスト3のブーストカードの登場により、環境の大幅変動は間違いないと言えるでしょう。

 

下手をすると第11弾から始めたプレイヤーがジャイアントキリングを連発するような事態になるかも?

 

 

次回以降の続報にもご期待ください!

 

 

 

<今週のつぶやき>

神戸岡山が終わり次はいよいよ両国決戦!

選手の皆さん同様、私もいろいろと気持ちを切り替えて臨んでいきたいと思います!

先週までの熱病ですか? おかげさまでスッキリ治りました!

一覧へ戻る
ページの先頭へ
サイトマップ

運営会社

  • ブシロード

© New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved. © ロストワンズ © 39 © パイルドライバー © 髙山善廣
© ファースト・オン・ステージ © KAIENTAI DOJO © 曙ベンチャーズインク © LANCE HOYT © CMLL © リアルジャパンプロレス
© RIKIPRO © シーホースコーポレーション © リングス © Scott Norton © Stan Hansen © Big Van Vader
© ALL JAPAN PRO-WRESTLING © Green Ship © プロレスリング・ノア © reversal
© 株式会社DDTプロレスリング. All Rights Reserved. © Fortune KK © Shelton James Benjamin © FUNAKI
© 大日本プロレス. All rights reserved. © はせ浩金沢事務所 All rights reserved. © Fujiwara Family co.,LTD All Rights Reserved.
© ミラノコレクションA.T. © Wrestling New Classic © WRESTLE-1 © DRAGON GATE © AJSTYLES.ORG
© ARISTRIST All Rights Reserved. © Luke Gallows © Tenryu Project. All right reserved. © Office K2 Inc. All rights reserved.
© Barbara Goodish © Global Force Wrestling © ヨシタツ © Robconway © NATIONAL WRESTLING ALLIANCE
© Ring of Honor Wrestling Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © Greg Marasciulo
© Go Nagai/DynamicPlanning © みちのくプロレス © 菊タロー © WillOspreay
© ハヤブサ © Nick Jackson of The Young Bucks © Matt Jackson of The Young Bucks
© Ricochet © Rocky Romero
© エス・ピー広告 © bushiroad All Rights Reserved.