【当サイト限定】登録するだけで50フリースピン!!

1xbet

>>フリースピンを受取る<<

香港マイル2019 気になる出走馬の詳細は?

 

12月に入り、今年の競馬界もいよいよ佳境になってきました。日本では有馬記念まで盛り上がりを見せていきますが、日本のお隣とも言える香港でもこの時期が一番熱いと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、香港マイルの開催が間もなくに迫っているからです。

 

今年の香港スプリントは12月8日(日)の16時30分(日本時間:17時30分)に香港のシャティン競馬場の芝コース1600mで開催。3歳以上の馬が出走可能の国際レースで、世界各国から一流馬が香港に集まってきます。

 

香港の国際レースと言えば、1988年に創設された香港カップのみが開催されたたけ、当時は日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

 

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

 

その流れの中で生まれたのが、香港マイル。ただし、香港マイルの前身となるレースはすであり、に1991年から開催されていた香港招待ボウルというものがそれに当たります。1999年に名前を香港マイルと変更した時点ですでに国際G2レースとしてそれなりの地位を確立していました。そして翌2000年、国際G1に昇格しました。

 

国際G2だった時代があるからこそ、比較的外国馬の活躍が目立ち、国際G1になった初期のころはニュージーランドのサンラインが制し、翌2001年も日本のエイシンプレストンらが制するなどしていましたが、2002年以降は香港馬が14勝と圧倒的に優位に。グッドババが3連覇を飾るなどリピーターレースとしての顔を持っています。

 

そして日本馬が比較的得意としているレースとしても知られ、2001年のエイシンプレストン、2005年のハットトリック、2015年のモーリスと3勝を記録。今年も安田記念、マイルCSを制したインディチャンプをはじめとした4頭が出走し、4年ぶりの制覇が期待されています。

 

それだけに今年はどんな馬が出走するか気になりますよね。というわけでブックメーカーのオッズを見て、有力馬を紹介していきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

ブックメーカーbet365

 

今年の香港マイルは3つ巴の状況。オッズも横並びとなっていますが…その中でも有力視されているのは目下2連覇中のビューティージェネレーション。

 

ビューティージェネレーションはもともとオーストラリアでモンテーニュの名前でデビューして、ローズヒルギニー2着などを含む7戦2勝の成績をマーク。安定こそしていたものの同も平凡な馬だった当時のモンテーニュは香港の名伯楽であるムーア超教師の下へ移籍することになりました。

 

移籍を機に現在の名前に変更すると、さっそく香港ダービーで3着に入り、続く2200m戦でコースレコードを記録するなどで勝利するなど、中距離戦線で活躍。しかし17/18年からはマイル戦へと照準を絞って香港マイルを逃げ切り勝ち。これがG1初制覇となりました。

 

その後、クイーンズシルバージュビリーC、チャンピオンズマイルを制して17/18シーズンの香港年度代表馬と最優秀マイラーに選出。文字通り香港最強マイラーとして君臨するようになりました。

 

より本格化したのが18/19シーズン。香港マイルの2連覇を含めて8戦無敗という圧倒的な成績を残して2年連続で香港年度代表馬と最優秀マイラーに。そして19/20シーズンとなった今回は緒戦のセレブレイションCを制しましたが、シャティントロフィーで3着に終わりついに連勝ストップ。さらにジョッキークラブマイルではワイククの前に3着に完敗して2連敗。昨年とは違う状況で本番を迎えることになりました。

 

この絶対王者であるビューティージェネレーションに続いているのがワイククです。

 

アイルランドで凡庸な成績しか残していなかったワイククが変わったのはサイズ厩舎へ移籍してからのこと。今年の1月に初勝利を挙げると、そこからトントン拍子で3連勝。香港ダービーでも2着に入るなど徐々にその力を見せるようになっていきました。

 

しかし、その後に走ったクラス1ハンデではまさかの7着。そしてクイーンエリザベスU世Cでも早々に後退してウインブライトの12着と惨敗して18/19シーズンを終えました。

 

19/20シーズンはセレブレイションCから始動してビューティージェネレーションの3着に入り復調気配を見せると、続くシャティントロフィーでは2着に。そしてジョッキークラブマイルでは重賞初制覇を達成。ビューティージェネレーションよりも2.5キロも斤量が軽かったとはいえ自身を付けるには最適な一戦となりました。今回は同じ斤量でのレースとなるだけに真価が問われることになりました。

 

この2頭に並んだ人気となったのがインディチャンプです。

 

3歳時は毎日杯3着くらいの成績しか残せなかった馬でしたが、覚醒したのは4歳になってから。東京新聞杯で重賞初制覇を飾ると、マイラーズC4着を経て安田記念へ。アーモンドアイ、ダノンプレミアムらの強豪馬が集結した一戦だけに相手が悪いと思われましたが、それを苦にせずにアエロリットを交わして見事にG1初挑戦にして制覇を飾りました。

 

この秋は毎日王冠の3着をステップにマイルCSへ出走して、ダノンプレミアムを振り切って見事に勝利。2015年のモーリス以来、4年ぶり、史上7頭目となる同一年のJRA春秋マイルGT制覇を果たしました。モーリスと同じ状況で迎えるだけにここでの制覇も期待されます。

 

香港マイルは12月8日(日)の15時20分(日本時間:16時20分)に発走予定。国際的な名馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】登録するだけで50フリースピン!!

1xbet

>>フリースピンを受取る<<